京ことばカルタ お客様からの声(登場人物:片倉文恵・中島正彦・中村三奈)

「京ことばカルタ付」カレンダーお客様からの声

「京ことばカルタ付」カレンダーを販売後、たくさんのお客様からご感想のメールやお手紙、ご意見などをいただきました。
皆さまありがとうございました、この場を借りて御礼申し上げます。


フミエ

ではさっそくお客様からいただいたメールをご紹介しましょう。
まず2005年11月、KBSラジオ「ほっかほかラジオ」を
聞いてご注文いただいた滋賀県の男性のメールから

偶然この時間にラジオを聴いていたので知りましたが、
このようなユニークなものをもっと多くの方にも知らせて
あげたい気持ちです。
現品が到着しましたら、口コミで何人かの人には紹介しようとは
思っていますが、貴社でも、もう少し手段を工夫されたらいいのに
とも思っています。是非お考えいただきますように。

と書いてありました。まことにもってその通りで苦笑。
いろんな人に同じようなこと言われます。

ミナ

おもしろいですね。
正直なところやと思います。

マサヒコ

本当にもう少し手段を考えないと・・・
2007年につながるのでしょうか?

フミエ

カレンダー市場は厳しいけど、2007年も是非
つ・・つくりたいです!(汗)
え〜と次は、私もミナさんも感激した
右京区にお住まいの女性からのお手紙です。
京都新聞を見てご注文をしてくださった方です。

とっても楽しいカレンダーありがとうございます。
楽しみに待っていたので、さっそく見せていただきました。
大笑いしたり、そうやなあ・・・と感心したり・・
イラストもぴったりで面白いです。
カレンダーのままで1年間毎日笑わせていただきます。
新聞も残しています。
ほんまに ええもんを作ってくれはって おおきに!!
全部見せていただき、何だか心があたたかくなり、嬉しくて・・
お礼を申し上げたくなりました。
ありがとうございました。 12月8日

マサヒコ

「おおきに!!」のところにこの方の喜びが現れていますね。

ミナ

こういうご感想をいただくだけで、つくって良かった!って
思えますね。
次は私のところへ来たメールをご紹介します。

・HPは会社でみんなで見て笑っていました。(^_^)V
 おばあちゃんなんですね!?おばちゃんくらいだと思って
 しまいました。

・なかなか面白いですよ。

・関東向けには感情入れたバージョンの方が受けるんと
 違いますかねー。
 大阪人が皆さんまみたいに喋ると思われているように。(;^_^A

こんな感じで元芸妓さんにお願いしたあの声に
賛否両論の感想が来るんですよね。

フミエ

たぶん皆さん、TVで見る舞妓さんのかわいくも大げさな抑揚を
期待して聞かれるんですよね。
それで実際聞いたら「な・・なに?????」ってなるわけですね。

ミナ

そうなんです。
あの意外にも淡々とした読みと、ちょっとイケズ風な声にびびるらしい。
けど、その辺が逆に面白いらしいです。

フミエ

カルタの主人公「京乃ゑん」さんの声という設定ですから、
“おばあちゃん”の声なんです。
それに、ほんまもんの京都の人はこの音声みたいな感じで、
意外にさらっとした抑揚なんですよ。

ミナ

「ほんまもん」はね。
でも感想にあるように、関東や地方の人向けには
多少大げさにした方が、もっと受けるのかもしれませんね。

フミエ

どこまでほんまもんを追及するかが難しいところですねえ。
さて次はアメリカに住んでいらっしゃる方からのメールです。

今日とってもすてきなカレンダーが届きました。
中を一枚一枚見てさらに嬉しくなりました。
こんなにすてきなカレンダーを作ってくださって
ありがとうございました。
私はニューヨークの公立中学と高校で
アメリカ人生徒に日本語を教えておりますので、
早速このカレンダーを見せてあげたいと思っています。
「さゆり」という映画が公開されている最中なので、
京ことばに興味を示すかもしれません。

ミナ

「さゆり」、私は小説を読みました。
アメリカ人が書いたフィクションというのにびっくり!
京ことばの参考になるかもしれません。

マサヒコ

他にも来ていますよ

・楽しいカレンダーで気に入っています。
・サイトで見るより実物の方がずっと美しくて素敵ですね!

喜んでいただける感想が多く、クレームがないのが何よりです。

フミエ

遠藤写真工芸所さんには、
本当にきれいに印刷していただきました。多謝!

それから「今日実物が届きましたが・・」と
京都市内の男性からお電話をいただきまして、
「クレーム?」と思ったら、
京ことばについての解釈や、葵祭や、その他京都についてのことを
20分ぐらい語られる方もいましたよ。

ミナ

京都についてご自分の思いを言っておきたい・・
と思われたんでしょうね。

マサヒコ

生粋の京都の人は、京都人の誇りというか、うまく言えませんが
「何かひとこと」を皆さんもってはりますよね。

フミエ

もってる、もってる、もってはります!

 

以上皆様からのご感想を抜粋してご紹介させていただきました。
今年も頑張って「京ことば」を楽しんでいただけるものを
企画していきますので、よろしくお願いします!!

クリエイティブオフィス・ハーズ

【Web】 http://www.hers-kyoto.jp 【Mail】 info@hers-kyoto.jp

 

Creative Office・Hers All rights reserved.